知っておきたい!結婚指輪の3つの注文方法

オーダーメードの特徴やメリット

オーダーメイドは、自分たちが考えたオリジナルのデザインで指輪を作ることができる方法です。世界で一組だけの結婚指輪を作れるということが最大のメリットだと言えるでしょう。手順としては、デザイナーと直接打ち合わせを行い、イメージを相談しながら作成を進めていくという形になります。注文してから指輪を受け取ることができるまでには2ヵ月以上の期間を要し、途中で修正や変更を行う場合はさらに時間がかかります。ですのでオーダーメイドの注文は、ある程度時間の余裕を持って行う必要があると言えるでしょう。

セミオーダーの特徴やメリット

セミオーダーは、事前に用意してある素材や色、デザインを組み合わせることで指輪を作成できる方法です。組み合わせ次第でさまざまなアレンジが可能なため、オリジナルに近い結婚指輪を作れるということがメリットだと言えるでしょう。注文の方法としては、細かな打ち合わせができる店頭での注文の他にも、店頭へ出向く必要がないネットでの注文が可能です。また、指輪を受け取れるまでの期間については1ヵ月半以上かかる場合が多くなります。

既製品の特徴とメリット

既製品(レディメイド)の場合は、既に完成した指輪をそのまま購入することができます。クオリティーが安定していることや、手間がかからないことなどがメリットだと言えるでしょう。注文は店頭やネットで行うことが可能であり、店頭で購入するのであればその場で試着することができます。またネットで注文する場合も、サイズを測るための「サイズゲージ」を貸し出してもらえることがあります。指輪を受け取れるまでの期間は、サイズ調整や刻印なども必要なため3週間以上は必要になります。

結婚指輪のオーダーメードの方法にこだわりがあれば、数々の商品が取り扱われている専門店に相談をすることが大事です。